ブレーキ関係の故障は日頃の運転や車検で発見されやすいです。

MENU

突然の車の故障

 

 

自動車を持っていると税金維持費が掛かります。
この辺りの負担は想定して購入している人が多いのですが、盲点となるのが自動車の故障費用です。
どんなに大切に使っていても一部が故障したり、消耗したりして修理費用が発生します。

 

数千、数万円の出費であっても予定していない支払いは家計に大きなダメージを与えます。
特に自動車を足に使っている人は無くてはならない大切なものです。
そのため、自動車の故障が発生しても大丈夫なように事前に準備をしておきましょう。

 

各種パーツの故障

ブレーキ関係の故障は日頃の運転や車検で発見されやすいです。
命に関わる部分なだけあって意識が向きやすいのでしょう。

 

ブレーキパッド交換ローター脱着ブレーキホースの交換などがあります。
国内産の自動車であれば5000円から2万円ぐらいで修理が行えます。

 

マフラーやバッテリー交換も良くある修理項目です。
走行時に異音が聞こえたり、運転中に違和感があったりするなら検査をするようにしてください。
他にもエアコンの故障も良くあるので覚えておきましょう。
悪臭が出るようになったり、エアコンの機能が弱くなったりしたら故障を疑ってください。
エアコンであれば8000円ぐらいで修理が完了します。

 

エンジンの故障

 

ボンネットの中身

 

走行するのが不可能な状態になる故障も発生するでしょう。
最たる例がエンジンの故障です。
エンジン本体が壊れてしまったり、動弁系の部品が破損しまっていると業者を呼ばなければなりません。
軽いオイル漏れであれば修理費用は安くなりますが、そうでなければ高額な出費となります。

 

エンジンの交換には、交換費用だけで15万前後の支払いを覚悟しましょう。
外車や排気量が特殊な場合はさらに高い修理費用になるのです。
あまりにも高い修理費用になる場合は、買い替えも検討するレベルです。

 

こうしたエンジンの故障を防ぐには、日頃から掃除をして手入れをするに限ります。
面倒に思うかもしれませんが、予期せぬ出費を防ぐためにも必要なことなのです。
愛情を持って大切に整備すれば最後まで快適に乗れるでしょう。
エンジンの整備をしていない人は、これを機会に手入れをしてみてはいかがでしょうか?

 

交通事故による出費