交通違反や駐車違反の罰金は予期せぬ痛い出費となるので、安全に配慮した運転をしましょう。

MENU

交通違反や駐車違反の罰金

 

 

自動車を運転する人は、交通違反の罰則に注意しなければなりません。
罰金を支払う痛手がありますが、それ以上に安全に配慮した運転をする必要があります。

 

交通事故の損害賠償慰謝料が莫大な金額なのを知っているはずです。
もしも怪我人が出て後遺症が残ってしまえば、数万レベルのお金では無く、数千万単位の出費が考えられます。
そうならないように安全運転で法定ルールを守った行動が大切です。

 

 

 

標識

とは言え、うっかりで行ってしまう交通違反や駐車違反があるでしょう。
安全運転のつもりがスピードを出し過ぎてしまい罰金を取られることもあります。
15km未満のスピード違反なら9000円、20km以上25km未満なら15000円の罰金となります。
どちらも地味に痛い出費になりますし、何も得るものがありません。

 

お金を捨てたのと変わらないので、スピードの出し過ぎには十分注意するようにしましょう。
他には、信号無視や追い越し違反だと9000円、一時停止違反だと7000円の罰金が発生します。

 

 

物損事故はかなり痛い出費に

物損事故には注意しましょう。自動車が破損すれば修理費用が発生しますし、壊した物も弁償しなければいけなくなります。

 

例えば、ガードレールを壊したら5万から20万も損害賠償を請求されてしまいます。
電柱なら20万から50万も損害賠償を求められるかもしれません。
自動車の修理代に物損の損害賠償を考えると、痛いどころの出費では無いのが分かるはずです。
数ヶ月分の給料が飛んで行ってしまうような支払いは、絶対に避けないといけないのです。
自動車を運転する人は、常に周囲に気を配るようにしましょう。

 

 

駐車違反で罰金

駐車違反の違反もしてしまいがちです。
コンビニで買い物する3分だけと思っていても、そのタイミングで見つかれば罰金が取られてしまいます。放置駐車違反になると1万5千円も罰金が掛かります。

 

家電を買い替えたり病気の治療の費用は得られるメリットがありますが、罰金はただお金が無くなります。本当に痛いだけの出費になるので、交通違反は絶対にやってはいけません。

 

駐車