ガスコンロは修理が数千円で済みますが、ガス給湯器は数万円の出費が想定されます。

MENU

ガス設備が故障したら修理?費用は?

 

 

ガスコンロ

 

毎日料理をする人は、ガスコンロのお世話になって居るでしょう。
近年の一軒家やマンションでは電気で加熱するクッキングヒーターが導入されていますが、ガスコンロの需要もまだまだ高いのが実情です。

 

ガスコンロは半年から1年に一度は掃除しないと、調理汚れで真っ黒になってしまいます。
掃除をしていないと故障する確率は飛躍的に増すでしょう。
ガスコンロが故障すれば調理が難しくなり、自炊している人はかなりの痛手を被ることになります。
外食や冷凍食品が増えれば食費は高く付きますので、ガスコンロが故障しないように掃除を小まめに行いましょう。

 

 

ガスコンロの修理

もし、ガスコンロが壊れてしまったら、修理代金は2000円から8000円程度の出費になります。
この程度の出費ならと考えるかもしれませんが、安いガスコンロなら1万円前後で新品を購入できます。
新品を買うに近い費用で修理をするよりも、新しく買い替えた方が良い場合もあるでしょう。

 

ちなみに、システムキッチンの一部として組み込まれているタイプのガスコンロは、交換に20万から30万も必要になります。
高価なシステムキッチンを利用しているなら修理を呼ぶ方が出費を抑えられるでしょう。

 

 

給湯器の修理

北国で冬場が寒い場所だとガス給湯器が広く普及しています。
この給湯器の故障で多いのは、水が凍りついて膨張しパイプや接続部を破損させてしまうケースです。

 

破損の状況にもよりますが、修理には1万円から2万円程度の費用が掛かってしまうでしょう。
もし交換することになれば、3万円から5万円以上の出費になるので、かなり痛い出費です。
雪国で給湯器が使えないのは非常につらい思いをします。
そのため修理が半ば必須になるので、経済的に負担を強いられるでしょう。

 

ガス設備が故障したら、そこそこの修理費用や交換費用が発生します。
しかし、ガスは火事中毒の大事故になるリスクを秘めているので、放置するのは厳禁です。
痛い出費ですが安心した生活をするには必要なものです。