水漏れが起こったらすぐに修理しないと高額な水道料金が取られてしまうかもしれません。

MENU

水道などの水漏れ修理の出費

 

 

水道

自宅の中で重要な役割を持つのが水回りです。
料理や洗濯には水が欠かせませんし、トイレにも使用されています。
人間の身体と生活に必須の水ですが、この水回りの事故はいつ起こってもおかしくありません。

 

水漏れ被害に遭遇した時に、どのような対処をするかで出費は大きく変わってきます。
的確な対処方法を身に付けておき、予期せぬ出費を減らすようにしましょう。

 

水漏れが起きたら

 

自分で修理もできる

キッチンなどの蛇口が壊れて水が漏れて来たら、どこから水漏れしているかを確認してください。
場所によっては分解してナットやパッキンを閉めるだけで修理できる場合もあります。
自分自身で部品を交換する場合も、安い物であれば1000円程度の出費で済むので、
取扱説明書やホームページなどで修理方法を調べてみましょう。

 

早めに業者へ

自分で修理するのが無理と感じるなら、素直に業者へ連絡するのが得策です。
この時、水漏れを防ぐために水道の元栓を閉めておくのが重要です。
水が染み出る程度ならともかく、放水するぐらい水が出ているなら早く止めないと水道料金が跳ね上がります。
業者に頼むと、一般的には5000円から10000円の費用が発生します。
水道の破損状況によって変わるので、業者に来てもらったらまずは見積もりをしてもらいましょう。

 

 

修理代と出張費

 

注意したいのは、水道の修理代と出張費が別々の点にあります。
水道の修理が3000円の修理業者と、2000円の業者ならどちらに依頼するでしょうか?
大多数の人が2000円の業者を選ぶでしょう。

 

しかし、2000円の業者には出張費が3000円あり、結果的に高額になってしまう場合があるのです。

 

トイレ

修理代と出張費をあらかじめ確認しておかないと、修理が終わった際に高額な料金を請求されかねません。

 

トイレの場合も修理費と出張費が別々になっている場合があるので覚えておきましょう。
破損個所にもよりますが、水道よりもトイレの修理の方が費用は高めです。
10000円前後の修理費用を想定しておいてください。
水漏れは高額な水道料金に繋がる危険があるので、早めに修理してもらうようにしましょう。