出産費用を抑えるには、出産育児一時金制度や出産手当金などの公的支援を受けましょう。

MENU

妊娠した時の出産費用

 

 

妊婦

しばらく生理が来ない日が続き、調べてみたら妊娠が発覚することがあります。男性にとっても妊娠した女性にとっても非常にうれしい瞬間でしょう。

 

そうした妊娠の幸福については誰もが知っていると思うので省きます。

 

ここでは痛い出費の面から妊娠を考えて行きたいと思います。

 

 

出産までにかかる費用

そもそも、出産までに必要な費用は50万から100万とされています。
出産まで10ヶ月と計算すると、毎月5万から10万の出費が継続的に発生するのです。
子供が欲しいと思っていたなら貯蓄も十分ですが、想定外の妊娠だったら痛い出費となるでしょう。

 

なぜこのような高額の出産費用が必要なのかと言うと、下記のような理由があります。

妊婦は定期的に検診を受けなければならず、月に1回ぐらい行うのが基本です。
さらに、体調が悪くなった場合も病院に行くことになるでしょう。

そうなると、妊婦健診の費用が10万円を超えてしまうのです。
妊娠は喜ぶべきことですが、経済的に無計画だと大変な思いをするので注意してください。

 

 

その他費用

他には出産する病院の入院費です。
出産間近になると入院して、いつ出産しても良いように準備しておくのです。

 

病院にもよりますが、この入院費用が20万以上掛かってきます。
設備が良い場所だとエステなども備わっており、100万以上の金額が求められます。

 

マタニティー用品も購入するかもしれません。
お腹が大きくなってくると今までの服が着れなくなります。
そこで服や下着を一新しなければなりませんし、重たくなったお腹の負担を減らすバンドが必要になることもあるでしょう。

 

こうした出産費用を抑えるには公的な支援を受けるのが一番です。
出産育児一時金という制度や出産手当金などを利用すると、かなりの金額をサポートしてもらえます。

 

妊娠を手痛い出費と感じないように貯蓄をしっかりと行い、計画的な子作りをするようにしてください。
また、子供が産まれれば生活費や教育費はどんどん増えていくことになります。
後であたふた困らないように、今から安定した計画を立てておきましょう。

 

 

>>友人の結婚式に招待された時に必要な費用