軽い病気なら5000円程度の治療費ですが、入院や手術になると数十万の支払いが求められます。

MENU

ペットも病気になったら大変

 

 

犬と猫

あなたはペットを飼っていますか?
ペットを飼っているなら、いつ急な出費が必要になってもおかしくありません。

 

あなた自身が病気になれば、通院や治療に出費が発生するでしょう。
それと同様にペットも病気になれば治療費が掛かってしまうのです。

 

不思議なことに、自分の体調管理は万全でもペットの健康は蔑ろにしている飼い主が居ます。
ペットの健康にも配慮しないと、予定外の出費がかさんでしまいます。
そもそも大切で愛しいペットに病気や怪我をさせるのは避けるべきです。
しかし、何かの拍子に病気や怪我をしてしまったら、その治療はしっかりと行うようにしましょう。

 

犬と猫の病気の治療費

ここでは一般的な犬と猫の病気の治療に掛かる費用を紹介します。

 

風邪

まず、風邪や下痢と言った症状は診察とお薬の処方で5000円ぐらいが掛かります。
症状が悪化しない限り、動物病院へ行くのは1回だけで大丈夫でしょう。

 

耳ダニ

次に、耳ダニですが、これは治療費が1万円ぐらい必要になります。
耳が垂れていて通気性が悪い種類の犬や猫は特に注意しましょう。
悪化すると長期的な療養が必要になりますし、ひっかいて血を出してしまうこともあります。
ペットのためにも耳ダニにならない配慮を常にしておいてください。

 

その他

他には、皮膚病ヘルニアなどの病気があります。
犬や猫がヘルニアになるのかと疑問に思うかもしれませんが、腰があるからにはなるのです。

 

皮膚病やアレルギーの治療には合計で2万から3万の費用が掛かります。
すぐに治療が完了する訳では無いので、経過観察もしなければならないのです。

 

ヘルニアがひどいと手術することになるので、3万から7万以上の負担があるでしょう。
交通事故などで骨折や内臓に損傷を受けると、手術費や入院は相当な金額になります。
状況によって変わりますが、20万から50万の治療費が発生すると考えておいてください。

 

大切なペットが苦しい思いをするのは胸が締め付けられる思いでしょう。
病気や怪我をしないように配慮し、健康で幸せなペットライフを送るようにしてください。

 

 

前回の更新記事はこちら→虫歯の治療費