ご祝儀は一般的に3万円とされていますし、女性は衣装を整えるのに出費がかさむでしょう。

MENU

友人の結婚式

 

 

新郎新婦

親友が結婚したとなれば、盛大に祝いたくなるものです。
ですが、これが微妙な友人だったらどうでしょうか?

 

仲が悪い訳ではないですが、特別仲が良い訳でもない、そんな友人から結婚式の招待が届いたら
ほとんどの人は痛い出費に頭を悩ませてしまうでしょう。
お祝いの席でお金が無いと言って出席しないのは周囲からの印象が悪いですし、
だからと言ってご祝儀を用意するのもつらいと感じます。

 

 

友人との今後を考える

こうした友人の結婚式では、まず将来の関係性を考えましょう。
今後もこの友人と仲良く付き合って行きたいのかを自問自答して、関係を持っておきたいなら出席してください。
関係が悪化し絶縁状態になっても良いのであれば、無理して出席することも無いでしょう。

 

ですが、世の中のしがらみとは怖いもので、出席せざるを得ない状況になる場合があります。
そうなったら最低限の出費で、その場を乗り切るしかないでしょう。

 

 

ご祝儀はいくら包めば良い?

 

ご祝儀

ご祝儀の相場は3万円と言われていますが、近年では2万もペアを意味するとして増えています。
なので、ご祝儀には2万円を包んでおけば問題ありません。
出費がきついなら1万でも良いかもしれません。

 

男性ならこの決断をスパッと行えるのですが、女性は周囲との協調性を大切にする必要があります。
一人だけご祝儀が少ないのは、後で波風が立ちかねないので注意しましょう。
周囲の女性陣が3万出すと言っているなら、財布を落としたと思って諦めるのが無難です。

 

 

女性は衣装代も

さらに女性には手痛い出費が続きます。
男性は結婚式でも服装に配慮せず、普段着で来ている人も見受けられます。
しかし、女性は普段着で行く訳にはいきません。
ある程度の身だしなみを整えて参加しなければならないつらさがあるでしょう。
結婚式に着ていく無難な衣装が無ければ購入しなければなりませんし、レンタルするにしても出費は避けられません。

 

 

 

もし、近々結婚しそうな友人が居るなら、ご祝儀やその他の出費で5万から10万の出費は覚悟しておくと良いです。
心の底から祝いたい結婚式なら、痛い出費ではなく祝福のお金だと考えてください。